Dメイト☆ウォーズ
〜甘ったれサボリーマンの7ヶ月戦争(1)〜


 


【取材・文=愛徳トオル 構成=血祭鉄兵


Dメイト☆ウォーズ


(『スクール☆ウォーズ』の名オープニング調で読んでチョ)


 
この物語は、ある清掃業務会社の勤務に戦いを挑んだサボリーマンの記録である。


清掃業界第1位の会社においてまったく無気力な社員が、


激務の合間を縫って不健全な遊戯に狂い、


わずか7カ月で解雇を命じられた事実を通じて、


その原動力となった性欲と堕落ぶりを


余すところなく文章化したものである。














会社を見限って以来、
セレブニートライフを
エンジョイしまくっている
愛徳トオルダヨォォォ〜っと。

gorogoro_neet

 今日は僕の友達でフィリピーナ大好きッコのヤマダくん
(自称30歳代)

alchol_chudoku

が玄関マットやモップで有名なお掃除メーカー最大手である、
ダ×キンのお話をしてくれるつもりでしたが、
彼は約束を忘れて演歌居酒屋に行きやがったので
セレブニートの愛徳トオルがご案内いたしマ〜ス。
 
 現在、ヤマダくんはダ×キンのお仕事をクビになってニート中です。
どうしてクビになったのかは、これからお話をしますので
クビをなが〜くさせて待っててチョ。


 
 【レッスン1−ダ×キンを詳しく教えchao!−】 


株式会社ダ×キンは大阪に本社がある、
お掃除メーカー最大手の会社なのは皆さん知っているよね?

その他にはミスタードーナツ


ミニチュアマニア ミスタードーナツストラップセレクション バンダイ(全8種フルコンプセットDP台紙おまけ付

を買収して、
資本の傘下にしているなんて、
かつてのホリエモンみたいでカックEなあぁ。


堀江本。2004.1.1ー2005.2.28 ライブドア激動の400日!!

でも創業当時(1963年)は、
ダ×キンなんてイカす名前じゃなかったのは皆さん知らないでしょ?

なんてったって、

株式会社ぞうきん



だもんね。

創業当初は、
「“ぞうきん”なんて名前の会社では
お嫁さんの貰い手がない!」


こんなお見合い相手はイヤ

という従業員の暴動により社名を現在のものに変更したようだが、
今の時代にそんな名前で事業をしていたら
ホームレ臭パンパンのみなさんが職を求めて殺到しそうだよね。

homeless_akikan_jitensya

 

ダ×キンには本社が運営する「直営店」と
フランチャイズ料金を本社に支払って運営する「加盟店」の2つがあり、
わかりやすく説明をすると、コンビニエンス・ストア

convenience_store_24

のようなビジネスモデルを展開しているそうだよ。

 店舗のほうは直営店が一握りで加盟店が大多数を占めているのだが、
そのフランチャイズ料金の大半を費やして本社が事業展開をしてやがるというのは、
あまり知られてないみたいだね。

 つまり、加盟店が閉店をすればするほど、
本社の利益が無くなっていく訳なのです。

フランチャイズシステムだから当然といえば当然なんだけど、

よく考えるとまるで、
吸血鬼のような商売


をかましてやがるよね。


 近頃はカマキリ顔から
“人間のようなルックス”になりつつある、
さだまさしサン

いつも君の味方 (講談社文庫)

がCMを降板したあたりから、同業他社の事業進出が活発になってきたのだが、
その多くはダ×キンよりも低価格戦略を展開しているからストレスで

「髪の毛が“さだまさし”になりそうだ〜!!」


と悲鳴をあげているとかいないとか?
 
その同業者というのが

サニクリーン

ユニマット

リースキン

ダイオーズ

の4社でなのでR。

そのうちの1社であるダイオーズは、
「ダ×キン・ダイオーズ」という社名の加盟店で
フランチャイズ売り上げ日本一の有名店舗だったのだが、
吸血鬼のような本部に反旗を翻し、独自の自社ブランドとして独立をした
ガチ気合入ってるカンパニーなのだよ
(社名もアニメ『最強ロボ ダイオージャ』からとったとか)


最強ロボ ダイオージャ DVDメモリアルBOX


安さに加え営業力にも定評のあるサニクリーン、

コーヒー好きにはタマランチな外資系企業のユニマット、

業界最安値?とのウワサもあるリースキン、

そして、ガチ気合入ってるダイオーズが
ダ×キンの玄関マットやモップを利用している事業所めがけて
バンパイア・キラー
vampire_killer
バンパイアキラー MD 【メガドライブ】

のような営業で忍び寄っているのだ。

このような、ひっくり返し営業を
お掃除メーカーの間では
“めくり”
と呼んでいるので憶えておくように。

 そんな状況でもダ×キンの本社は「ウチにはブランド力がある!」と言って、
標準価格をそのままに加盟店のオーナーたちをイジメているそうだ。

そんな加盟店のオーナーたちは自らの事を
“ダ×キン・オヤジ”
と呼んでいるという噂は本当でR。


 それはそうと、ヤマダくんがどうしてダ×キンをクビになったかと言うと、
お客様に玄関マットの配達をした後、
街中そこらに停めてあるサニクリーンやダイオーズの配達車に
ダ×キンの車と間違えて乗込んでしまうという、
アタマの悪さ
に会社が嫌気がさしたからそうだ。

chuunen_neet_snep

 Lesson2につづく。


 


Copyright ©Office YOUNG JAPAN  2006-2017 ,
Most Rights Reserved.