YOSHITAKE 脳天オルガスム!!


 


【文=山背悟平  構成=血祭鉄兵



田中義剛の半農半芸で何が悪いっ!?


1990年代前半から田中義剛の魅力
(“東北弁訛りの朴訥な田舎者”を強調してる
「計算高そうなキャラ設定」が、
視聴者に丸わかりだからこその人柄の良さ)

にいかれてしまって以来、
“義剛ウォッチング”を欠かさないばかりか、
義剛の出演シーンばかりを編集した

『エンドレス義剛フォーエバー』


というプライベートDVDまで作った私にとって、

2009年1/28日付の『週刊新潮』
(「花畑牧場『田中義剛』の甘くない『悪評とトラブル』」)
は見過ごせない世紀の重大記事であった。

  マスコミのバッシングなど関係ねえべさとばかりに、
花畑牧場の大逆転成功劇の勢いに乗り、
東京・南青山に飲食店「花畑牧場ホエー豚亭」までもオープン。
 
そんな様々な活躍めざましい義剛だが、

私が着目したいのは、
1980年代におけるシンガーとしての田中義剛、

「アコースティック・ロックンローラー」

だ。


1stアルバム『ありがとう義剛』

(1984年3月、ポニーキャニオン)、


続く2ndアルバム『俺等の時代』
(1986年9月、東芝EMI)

は現在入手困難のため 未聴だが、

少なくとも3rd『明日への叫び』
(1987年5月、東芝EMI)

までは義剛の自作曲で占められ、

その“義剛節”を聴き取ることが可能だ。

4thアルバム『KEEP STRAIGT』
(1988年3月、東芝EMI)

は外部作家メインになり、
義剛色は半減してしまった。

そのパーソナリティーから噴出したような
気取らないストレートな歌詞、
無難なサウンド。
そんな義剛アティテュード……。

3rdアルバム『明日への叫び』の曲名と、1987年の

ライブ映像から“義剛アティテュード”を感じ取ってほしい。


トライ・アゲイン

孤独のジェネレーション

さらば友よ

デンジャー・ゾーン

ホームタウン

暗闇をぶっとばせ

ローリング・ハート

捨てられたお前に

ステージ・フライト

ノーサイド

あいつ

「♪デンジャァズォォォン(ォンォン)!!」

(シングルカットもされた「デンジャー・ゾーン」より)

 肛門括約筋をMAXまで開き、
振り絞って宿便を炸裂

させたかのような

“義剛シャウト”


が耳から離れない。


八戸市出身・反骨のロックンローラー。

『オールナイトニッポン』パーソナリティー抜擢
(「真夜中のカウボーイが全国の田舎者を結んでお送りします!!」)。

東京進出。

『TVチャンピオン』
の東北訛り丸出しな司会ぶりでお茶の間を席捲。

AVギャルとのSMスカトロスキャンダル。

『朝だ!生です旅サラダ』
における世間が思い描くであろうイメージどおりの
“義剛キャラ”っぷりが日本中に浸透。

「カントリー娘。」プロデュース。

「カントリー娘。」へのセクハラ疑惑。

家畜と獣姦疑惑。

植毛疑惑。

花畑牧場生キャラメル大逆転成功劇。

「花畑牧場ホエー豚亭」オープン。


 
 一体、次は何で世間を震撼させるのか。

今後も義剛から目が離せない!!

(Don't miss it!!)


田中義剛の足し算経営革命-北海道発 大ヒットの法則! (ソニー・マガジンズ新書)

(文中敬称略)


 


Copyright ©Office YOUNG JAPAN 2006-2017 ,
Most Rights Reserved.